坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

坐禅の集中力を高められるアイテム

      2015/12/01

坐蒲(ざふ)

坐禅を組む時に必要な物は、お尻の下に敷く座布団です。

一般的な家にある座布団を二つ折りにしてその上に坐っても問題はありませんが、やはり集中力を高めたいという理由で選ぶときには、坐禅専用の坐蒲(ざふ)という物を選ぶ事をお勧めします。

坐蒲は坐禅をする目的のために設計されて作られているので、坐り心地がやはり通常の座布団とは異なります。
一番の違いは長時間坐ってもほとんど疲れを感じないという点です。
坐蒲に坐って坐禅を組むと、座布団では味わえない弾力性をお尻から感じる事ができます。

また、僕が個人的に一番坐蒲に惹きつけられた点は、坐蒲は坐禅専用の座布団というところです。
坐蒲以外の全てにも言える事だと思いますが、専用と言われている物を使うとなぜか気分が高揚し集中力が高まってきます。

普段忙しくてなかなかゆっくり坐禅を組む時間が取れない方は、比較的時間が取りやすい週末等にこの坐禅専用の坐蒲を使ってスイッチを切り替えて、じっくり坐禅に打ち込むのも良いと思います。

滝田商店ブランド 座禅布団(座布) 綿 1.1尺(直径33cm)◆坐禅用のふとん・坐布・座蒲・坐蒲・座禅専用の座布団【滝田商店発行 証明書付】

新品価格
¥4,968から
(2015/8/18 18:11時点)

線香

坐禅は基本的に線香が一本燃え尽きる時間を一回として行われます。
その間約40分です。

坐禅の時間を計るという目的で線香を使うのも良いですが、坐禅をするという気持ちのスイッチを入れる目的で使用するのも良いでしょう。

線香の匂いを嗅ぐと、自然と気持ちのスイッチが入ると思います。
まるで今自分はお寺の中にいて、さらに和服に身を包んでいるような感覚を感じます。

また、線香が苦手だと感じられる方は、アロマやキャンドルを使っても良いと思います。
要するに、副交感神経を優位にできるようなリラックス効果がある匂いなら、坐禅に対しては有効です。

決して興奮するような匂いではなく、集中力を高められるような落ち着ける匂いを選びましょう。

線香は本数が多いものが多く売られていますので、まず始めは少ない本数で売られているものを数種類選んで使ってみて、自分に合っているものを探すと良いかもしれません。

和風の照明

夜坐(やざ)を好まれている人にとっては、薄暗く光るライトはほぼ必需品と言えます。
さらに、そんなライトを和風のものにすると、より雰囲気を出す事ができます。

部屋を少し薄暗くして行う坐禅は、真っ白な蛍光灯に煌々と照らされながら行うよりもずっと集中する事ができます。

集中力を上げる事ができると、自分の意識を部屋の中に留める事ができます。
昨日の事や明日の事、さらには心配事や不安などは、その部屋の空間には存在しないものです。
それらは、頭の中にだけ存在しているのです。

坐禅とは、静かに坐って自分を見つめる事と言い換える事もできるので、そのために集中力をあげる工夫をする事は大切な事だと思います。

IKEA(イケア) HOLMO 50184172 フロアランプ

新品価格
¥1,200から
(2015/9/2 11:34時点)


 

 - 坐禅について