坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

コーヒーと坐禅と集中力の関係

      2017/10/05

コーヒーを飲むと良い効果がたくさんあります。
コーヒーに含まれているカフェインによって精神を安定させたり風邪を早く治したり、また老化や動脈硬化を予防したり、さらには脂肪を分解する効果によってダイエットに繋がったりと様々な効果があると言われています。

また、コーヒーには集中力を高めるという効果もあります。

この効果のおかげで、朝にコーヒーを飲むと眠気がスッと無くなり、目の前の物事に集中できるような頭の中が澄み渡るような感覚を味わう事ができます。

仕事をする前や運転する前、或いはゴルフなどの運動の前にこのように集中力を上げておくと、その後の動作に良い影響を与えてくれる事があります。

今回、僕が注目したいのはこのコーヒーの集中力を高める効果です。
坐禅を組む前にコーヒーを一杯飲む事で、坐禅の最中の集中力を上げる事ができるからです。

また、コーヒーの匂いにも集中力を上げる効果があると言われているので、自分の近くにコーヒーをそっと置きながら坐禅を開始する事でも同様の効果が期待できます。

集中力を上げるにはどんなコーヒーでも良いのか

集中力は、脳内にα波を多く出す事で高める事ができると言われています。
それについて社団法人全日本コーヒー協会でおもしろい実験が行われました。
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health69-2

この実験では6種類のコーヒー(ブラジルサントス、グァテマラ、ブルーマウンテン、モカマタリ、マンデリン、ハワイ・コナ)を用意して、20代の女性10人に5分間隔で6種類のコーヒーの香りを数十秒間ずつかいでもらい、その間の脳波を分析するという事を行いました。

その結果、グァテマラとブルーマウンテンの二つは、他のコーヒーの匂いを嗅いだ後より多くα波を出している事が分かりました。

逆に、マンデリンやハワイ・コナの二つにはα波の変化がほとんど見られず、ブラジルサントスとモカマタリはそれぞれの中間くらいのα波の上昇でした。coffee-722270_1280

このように、コーヒー豆の種類によってα波が出る量が異なる事から、自分にあったコーヒー豆を探してみるという事も面白い事だと思います。

坐禅を組む前に自分に合ったコーヒーをゆっくり味わい、そしてそのまま自然に坐禅に入っていく。
これこそまさに、今この瞬間を生きる心地よい時間と呼ぶ事ができるかもしれません。

今ならコーヒーマシンが無料で数々のコーヒーの味が楽しめるキャンペーンをやっているので、それぞれの味の集中力の違いを感じたい方には良い機会になると思います。

 - 坐禅について