坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

全身の力を意識的に抜いてぐったりした状態を作る快眠法

      2015/11/06

マッサージ器を使う時と同じ理屈で、精神的にどんなに緊張してしまっている状態でも、体を無理やりリラックスしている状態にする事で、心もリラックスしている状態に強制的に持っていき、眠気を強める快眠法です。

最近良く眠れないという時に寝ようとすると、「はたして今夜はしっかりと寝られるのかな」と不安に感じてしまう事が多いと思います。
そして、「今夜はどうしても寝たい!」と思うようになり、不安だけでなく緊張感までも感じてしまうようになってしまいます。

寝る時に不安や緊張を感じてしまうと、今度は自然と体に力が入り、肩や腕や足の先までも硬くなってしまう事があります。

そんな時は、布団に入って寝る時に、意識して体の力を抜き切ってぐったりしてみて下さい。
その時はできるだけ、自分の体全身を自分が寝ている時と全く同じ状況にしてみて下さい。

顔は特に力が入りやすいので、一番気をつけなければいけない部分と言っても過言ではありません。

顔の力を完全に抜ききると自分の寝息が少し聞こえ始めますので、それくらいまで力を抜き切るのが良いと思います。

口のまわりも力が入りやすいので、もしかしたらヨダレも出てしまうかもというくらいまで力を抜いていきましょう。

ここまで力を抜ききった状態の顔は、おそらくあなたが熟睡している時の顔と全く同じだと思います。不眠症, 快眠法この状態でしばらくジッとしていると、たとえ心の中では緊張状態が続いていても、体と同じで心も少しずつリラックスしていき、眠気がドンドン強くなっていく事が感じられると思います。

これは夜中や朝方に目が覚めてしまう中途覚醒の場合にでも効果を感じる事ができる手軽な快眠法です。

横になりながら誰でもできる簡単な方法なので、不眠で悩んでいる方がいたら今夜からでも是非お試し下さい。

その他の快眠法はこちら
快眠のために実践すべき事

 - 快眠のために実践すべき事 ,