坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

アドラー心理学に見る禅的思考

      2015/11/06

人々がそれぞれ見ている”世界”は同じではない

心理学を学ぶ事は、うつやパニック障害の方のみならず、全ての方に有効であると思います。

心理学を学ぶ事によって認知を変え、その認知の変化によって行動まで変化させる事ができる、正に認知行動療法と同等の効果があると言えます。

以前僕が台湾でカウンセリングを受けた時に、そのカウンセラーから一冊の本を薦められました。
それは、アルフレッド・アドラーの心理学でした。

その中に次のような文章がありました。
「人は誰しも、客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味づけをほどこした主観的な世界に住んでいる

人間には価値観という物があります。
同じものを食べていても、美味しいと感じるか不味いと感じるか、またあの人はいい人だと感じるか嫌な奴だと感じるか。
同じ世界に住んでいても、物事の感じ方も違えば見え方も違うので、他人と価値観を共有する事は原則的にできないという事です。

だから人間は、たまに価値観が近い人に出会うとすごく親近感が持てるのかも知れません。
「僕はこの世界をあなたと同じように見ているんだ」
そう思える事は自分の孤独感を和らげ、自分の考え方を認めてもらったような承認欲求が満たされていく想いがすると思います。

みんな同じこの世界で同じモノを見ているはずなのに…

もし、この世界はつまらないものだと感じている方がいるのであれば、その考え方を変える事ができるかどうかが問題になってきます。
「あの上司さえいなければ」と思ったり、「お金さえあればこんな不幸なはずがない」などのように、今の自分の感情を作り出した原因は外にあると考える習慣がついてしまうと、もし仮にその問題が解決したとしても、また新しく別の言い訳を作る事になるでしょう。

同じ境遇でも、人生はつまらないものではなく幸せなものだと感じる事ができる人がいるのも事実です。
大切な事は、「世界をどのように変えるか」ではなく、「あなたがこの世界をどのように感じるか」という事だと思います。

人間の悩みは全て対人関係から来るものである

アドラー心理学, 禅これはアドラー心理学の真骨頂とも言える中心的理論になります。
これは良くよく考えてみると実に納得できる理論で、確かに自分の全ての悩みを深く掘り下げていくと、必ず対人関係が原因という事に辿り着きます。

身長が低い事に悩んでいる人は、他の人の身長が自分より高い事が理由だと言えるし、勉強が出来ない事で悩んでいる場合でも、他の人が自分より勉強できる事で比較されている事が原因と言えます。
さらに、出世が出来なくて悩んでいる場合は、自分を出世させてくれない人に対しての悩みであったり、自分より先に出世した人に対する悩みであったり様々です。

このような時、この悩みの原因は自分自身だという事を一度受け止めなければいけません。
そして冷静に現実を直視し、変えられるもの変えられないものを把握する事が必要です。

身長が低い場合でも、「自分の身長が伸びれば良いのに」や「みんなの身長が低くなれば良いのに」などとは決して考えてはいけません。
自分の外にある変えられないモノについて悩むのではなく、自分の中の間違っている主観的な部分を見つけ出し、そしてその事実を受け入れていかなければいけません。

そして、もし自分が悩んでいたり考え事をしている事に気が付いた時には、そんな事をしていても何も意味のない事だと理解した上で、今この瞬間に意識を戻すという事をしていけば良いのだと思います。

対人関係での悩みは、坐禅によって自分の意識をコントロールできるように鍛える事で、悩みその物を無くす事が必ずできると思います。

人から嫌われる事は”良い事”

アドラー心理学ではこのように言っています。

「自分の事を嫌う人が周りに誰もいないとすれば、その人はとても不自由な生き方をしている。もし、自分が言いたい事を言ってやりたい事を好き勝手にやっていれば、きっと周りにはその人を嫌いになる人がいるはずである。従って、自分が人から嫌われるという事は、自分が”自由”に生きている事の証であり、自由に生きるためには必要不可欠な要素と言える」

たとえ人から嫌われようともそんな自分を受け入れて、それは変えられないものであると認識する事が必要だと思います。
そしてそれらもかけがえの無い自分らしさと言えるのではないでしょうか。

坐禅や瞑想をする事によってありのままの事実を直視し、そしてそれらをそっと受け入れる事ができるようになります。
そうする事で、そこには不安や怒りなどなく、今までと同じ世界でも見え方が違ってくるはずです。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2015/8/18 18:06時点)


 

 - 心理/心理学について