坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

実感できる瞑想の”効果”とは

      2016/03/30

人間は普段の生活の中のいかなる場面においても頭の中で絶えず独り言をしています。
表面上では静かにそこに座っているように見えても、頭の中では「お腹が空いてきたな」、「今週末は何しようかな」、「あ、あの人綺麗だな」などずっとおしゃべりしています。

自分ではなく外のモノに対して「あーでもないこーでもない」とブツブツ言っているのならまだ良いですが、これが自分自身に対して「本当にお前はダメな奴だ」、「普通なら誰でもできる事がなんでできないんだ」、「また失敗したのか。一体何度失敗すれば気が済むんだ」というように責め始めてしまうと気分はどんどん落ち込んでいってしまいます。

そんな意識から無理に逃げようとして友達と会って大量のお酒を飲んだり、映画を立て続けに何本も見たりしても、一人になった時はまた同じようにもう一人の自分に攻撃されてしまいます。
つまり、気分が落ち込んでくる原因を直視せずにいる限りこれは続きます

瞑想をすると考え事を断ち切る事ができる

瞑想の種類にもよりますが、坐禅を含むある対象物に意識を集中させるタイプの瞑想であるなら、頭の中で常にブツブツおしゃべりしているもう一人の自分黙らせる事ができます。

これは、「もう一人の自分」がネガティブ思考を止めて、逆に良い事だけを考えるように変える事とは違います。
「もう一人の自分」を放っておいてもろくにポジティブな事を考えてくれないので、もうおしゃべり自体をさせないという考え方です。

この思考を理解して持続できるようになると、ノイズ(雑念)を取り払って目の前に広がる景色を見ることができるので、結果的に世界の見え方が変わってきます
そして、同時に自分を苦しめていた意識も無くなり、「自分はこのままでいいんだ」という気持ちが後から付いてきます。

つまり、瞑想は自分らしくいられるようになる効果があると言えます。

いつ瞑想するのが効果的なのか?
瞑想, 効果, 実感, 坐禅

瞑想すると他にももっと良い事がある

瞑想をすると考え事を断ち切る事ができる以外にも良い事がたくさんあります。
インドに本部を置くアートオブリビング財団(国際NGO)によると、瞑想には下記の効果もあると発表されています。

●不安が減少する
●様々な感情の安定性が向上する
●創造性が増加する
●幸福が増加する
●直感が開花する
●明快さと心の平和を得る事ができます
●自分の周りの問題が小さくなります
Etc…

瞑想をすると体に良い事が多いですが、特に人間の精神面に対してのメリットは数多くあります。

今の時代は肉体的ではなく精神的にストレスがかかる事が溢れているように感じるので、皆さんの生活の中に是非瞑想を取り入れて、心の安定を保つ時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。

瞑想によって雑念を消し去る方法
瞑想初心者が知っておきたい5つの瞑想方法

 - 瞑想について ,