坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

5、デパスという安定剤との初めての出会い

      2015/11/06

しばらくしてまた心療内科に行き、先生に前回の薬に対する症状を伝えたところ、今度はエチカームとユーパンという薬をもらいました。

エチカームはすぐに効いて効果が短く、一方ユーパンは長く効くから使い分けるようにというような説明だったと思います。

二つの薬を飲み比べても正直あまり差は感じませんでしたが、当時の自分の体にはすごくよく合う薬でした。

飲んだらぐっすり寝られる日やあまり寝られない日もありましたが、この薬をネットで調べると物凄く評価の良い薬という事が分かったので、自然と安心感のようなものがありました。
特にデパスのジェネリック薬品であるエチカームは、この頃から絶対的な信頼感を持ち始めていました。

実家の寝室は生まれて初めて不眠症に陥って苦しんだ場所というイメージが消えなくなっていたので、予定よりも早く引っ越して婚約者との生活をスタートさせた事も当時の生活に安心感を与えたと言えます。
デパス, 結婚, ハネムーン, モルディブほぼ毎晩薬に頼る生活ではありましたが、翌月にはなんとか無事に結婚式を終えました。
そしてハネムーンにはモルディブに行き、その素晴らしさと開放感によって滞在中は薬を全く飲まないで生活ができたのです。

自分はもうすぐ良くなっていく。
妻との新しい生活の中で、幸せになって行くんだと思っていたところでした。

6、薬を飲み続けるという”状況が変わらない事“で悪化する症状

 - 僕の不眠・うつ・パニック体験談 , ,