坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

坐禅に集中するコツを掴んでうつ病を克服しよう

      2015/11/06

うつ病の方の中には、坐禅をしてもうまく集中できなくて長く続けられないという方もいると思います。

表面上は静かにそこに坐っているように見えても、内面では不安な気持ちを抑える事が出来なくて、坐禅をする事に意味はないのではないかと考えてしまうのだと思います。

誰でも坐ってすぐに集中する事は難しいです。
坐って坐禅を始めたばかりだと、どうしても雑念が頭の中に浮かんできやすくなります。

なので、坐り始めてからしばらくの間は頭の中に浮かんでくる雑念を一つ一つしっかり取っていく作業が必要になってくると思います。
決して焦らずゆっくりとやってみましょう。

しばらく時間が経ってくれば、だんだんと今この瞬間に集中できるようになり、雑念を考える事が少なくなっていくはずです。

「今この瞬間」に集中すると雑念が消えるとは一体どういう理屈なのか

うつ, 坐禅, 集中例えば、自分が何かのステージの上に立っているとします。
前を見れば、席を埋め尽くしている観客を見る事ができるでしょう。
この時、自分に強烈なスポットライトが照らされると、目の前の観客が見えなくなるという事が起こります。

どういう事かというと、スポットライトが当たる事によって見えるようになるのは自分がいる場所だけです。
自分がいる場所を見る事に集中すれば、自分の周りが見えなくなるのです。

今まで自分の足元(今この瞬間)を見ないで、周りの景色(過去や未来)ばかりを見ていませんでしたか?
過去や未来に何があるのかは、今の自分には何にも関係のない事ですし、今この瞬間に考えるような事ではないのです。
今を生きるために考えるべき事は、今この瞬間にある事だけで十分です。

もし坐禅を始めてみて、過去や未来に対する不安ばかり見えてしまうという方は、今この瞬間に意識をするとそれらは自然と消えていくという事をあらかじめ知っておいてもらえると、安心感をもって坐禅に集中できると思います。

坐禅の途中でうまくいかないと感じたら一時的に中断して休む事も必要です。
落ち着いてきたら、また坐って自分にスポットライトを当ててみるという感じで、少しずつ過去や未来に対する不安を断ち切るようにしてみましょう。

うつ病の人に多い肩こりに坐禅が効くワケ

 - うつ症状について ,