坐禅で不眠・うつ・パニック解消

~必要のないストレスから解放されるために~

*

「 僕の不眠・うつ・パニック体験談 」 一覧

21、体験談の最後に

仕事を退職する少し前にあるカウンセラーにカウンセリングをしてもらいました。

20、もうがんばらなくていい、そう思う事が克服への一歩でした

いつパニックが起こるか分からない状況での生活は過酷なものでした。

19、何度も繰り返されるパニック発作

今までは大丈夫だった仕事中も、過呼吸発作がまた起こらないかどうか、だんだんと心配 …

18、再び起こった二回目のパニック発作

次の日は仕事に行きました。

17、パニック発作による過呼吸発作で台湾で初めて救急車に乗ることに

新しい会社が始まってから2,3日経ったある日、夜中に急に目が覚めてしまい、その後 …

16、良いストレスと悪いストレスによる緊張

僕が台湾に来た目的は、自分の症状を改善するためという事を第一に考えていました。

15、止める事ができなかったデパス(安定剤)

面接を受けたその会社は、幸運にも内定をもらう事ができました。

14、社会不安障害からパニック障害への”異変”

就職活動を始めてからまもなく、一つの企業から面接がしたいと連絡がありました。

13、対人恐怖症の発症

大学は8人クラスであるため、自分が発言する機会があまりありませんでした。

12、プレッシャーのかかる場面から初めての”逃走”

大学の授業の一環として、自分の母国について生徒一人ずつ中国語を使って10分間プレ …

11、消えない社会不安障害

台湾に来たからにはまず言葉を勉強しない事には生活ができません。

10、症状の改善を求めて台湾への移住を決意する

僕の妻は台湾人です。